カードローン24

法改正と融資について

法改正とカードローンの融資

法改正とカードローンの融資についてです。カードローンやローンの審査は、2010年6月に法律が変わったために厳しくなり、融資が受けづらくなりました。
これまでは、パートやアルバイトで働いているという人であっても、会社の審査基準を満たしていれば融資を受けることができていました。法律の改正に伴い審査の基準が変わり、新規融資の手続きができない場合も少なくないようです。

保証人や担保を立てずとも、個人の信用だけで融資を受けることができるカードローンは、多くの人が利用しています。つい軽い気持ちでカードローンを利用しすぎ、自己破産せざるをえないという人もいます。
一つ一つのカードローン額は小口であっても、何カ所からも借り入れていると月々の返済負担は大きくなります。カードローン会社やクレジットカード会社からお金を借り続け、返済が追いつかずに破産手続きを取る人もいるようです。

法律が改正されたのは、急激に増加する多重債務者を減らすことが目的だといいます。クレジットカード所持枚数やカードローンの利用者数が多い人に対ししては、新規の融資申し込みが審査で断られることがあります。法律が見直されたために、一度は審査に通ってよく融資を受けていたカードローンでも、審査のしなおしで利用金額が下がってしまう場合もあります。

カードローンやローンの審査基準は、これからも厳しいままだろうことが予想されます。借入金額をコントロールすることで、自分のお金を管理していきましょう。

お役立ちサイト

カードローン情報

@カードローン: http://cdl.net-tribe.jp/

貸金業関連

日本貸金業協会: http://www.j-fsa.or.jp/
金融庁: http://www.fsa.go.jp/
日本信用情報機構: http://www.jicc.co.jp/
関東財務局: http://kantou.mof.go.jp/
CIC: http://www.cic.co.jp/
© online24.jp